LDAPインターフェースを有効にする

LDAPインターフェースを有効にすると、LDAPインターフェースへの接続に使用する値が表示されます。[ログを表示]をクリックして、ログ内のLDAPインターフェース・イベントを表示します。 ログは接続に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

この手順を完了するにはスーパー管理者の権限が必要です。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [ディレクトリー統合]
  2. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • ディレクトリー統合が構成されていない場合は、[LDAPインターフェースを追加]ボタンをクリックします。
    • 他のディレクトリー統合を構成している場合は、[ディレクトリーを追加] > [LDAPインターフェースを追加]をクリックします。
  3. LDAPインターフェースはデフォルトで[アクティブ]になっています。無効にするには、ステータス・ボタンをクリックして[非アクティブ化]を選択します。ステータスに[非アクティブ]と表示されます。