Okta Active Directoryエージェントのスレッド数を変更する

Okta AD Agentがタスク用サーバーをポーリングするのに使用するスレッド数を増やすと、追加のOkta AD Agentをインストールしなくても、既存のOkta AD Agentがより多くの要求を処理できるようになります。

  1. Windowsサービスを開き、Okta AD Agent・サービスを停止します。
  2. ターミナルから、各Okta AD Agent・サーバーのOktaAgentService.exe.instances.configファイルを見つけます:

    C:\Program Files (x86)\Okta\Okta AD Agent\OktaAgentService.exe.config

  3. テキスト・エディターで「OktaAgentService.exe.config」ファイルを開き、次のエントリーを見つけます:

    <add key="PollingThreads" value="2" />

    デフォルト値は2で、最大値は10です。

  4. ファイルを保存し、Okta AD Agent・サービスを再起動します。設定が変更されたことを確認するには、起動時にagent.logファイルを開き、ファイルの一番下にある起動情報を確認します:

    2017/07/21 06:06:22.167 Debug – TEST-SERVER-1(4) – PollingThreads: <thread number>