Active Directoryデスクトップ・シングル・サインオン

デスクトップ・シングル・サインオン(DSSO)を使用すると、ユーザーがWindowsネットワークにサインインするときにOktaによって自動的に認証されます。認証後、ユーザーは追加のユーザー名やパスワードを入力することなく、Oktaを介してアプリケーションにアクセスできます。DSSOを使用すれば、ユーザーは1回サインインするだけでよく、Oktaを介してアクセスするアプリケーションごとに個別の認証情報を必要としないため、ユーザー・エクスペリエンスが向上します。

エージェントレスSSOにレジストリー・キーを設定する場合は、エージェントレス・デスクトップ・シングル・サインオン構成の移行を参照してください。

トピック