Agentless Desktop Single Sign-on構成を検証する

Agentless DSSOを構成した後、すべてが正しく構成されているか検証できます。

  1. エージェントレスデスクトップSSOを有効にしたActive Directory環境に参加している、ドメインに参加しているネットワーク上のデバイスにサインインします。Oktaですでにアクティブなユーザーとしてログインしていることを確認します。
  2. Okta環境をローカルイントラネット設定に追加します。
    1. ブラウザーで、[Options(オプション)]>[Security(セキュリティ)]を開きます。
    2. [Local Intranet(ローカルイントラネット)]>[Sites(サイト)]>[Advanced(詳細設定)]をクリックして、前の手順で構成したOkta orgのURLを追加します。例:https://<myorg>.kerberos.okta.com。
    3. [Close(閉じる)]をクリックして、ほかの構成オプションでは[OK]をクリックします。
  3. Windowsマシンで、Okta orgにサインインします。Agentless DSSOが正しく構成されている場合は、認証情報を入力しなくても自動的にエンドユーザーのアプリのダッシュボードにリダイレクトされます。
  4. システムログで、ユーザーがエージェントレスデスクトップSSOによって認証されたことを確認します。Okta orgに、Agentless DSSO認証が成功したというエントリーが表示されますが、オンプレミスのIWAサーバーを参照するエントリーはありません。

関連項目

Agentless Desktop Single Sign-on構成をテストする