オンデマンドのエージェント自動更新を再試行する

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、「早期アクセスおよびベータ機能の管理」で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

更新が失敗した場合、またはエージェントの自動更新中にOktaとの通信が中断された場合は、キューに入っているオンデマンドのエージェント自動更新を再試行します。再試行できるのは、オンデマンドのエージェント自動更新が失敗した場合のみです。

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Directory Integrations(ディレクトリ統合)]の順に進みます。
  2. ADインスタンスをクリックします。
  3. [Agents(エージェント)]タブをクリックします。
  4. [Update agents(エージェントを更新)]ダイアログで[Retry(再試行)]をクリックします。