Okta Active Directory(AD)Agentのステータス情報を表示する

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、「早期アクセスおよびベータ機能の管理」で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

[Agent monitors(エージェント・モニター)]ページには、ドメインにインストールされているすべてのOkta AD Agentが一覧表示されます。運用可能とみなされるには、ADエージェントからOktaサーバーへの安定した接続が必要です(ADエージェントからOktaサーバーにリクエストが定期的に送信されます)。さらに、ADエージェントには有効な構成が必要であり、オンプレミスADサーバーと統合されている必要があります。エージェントの動作ステータス、接続状態、バージョン情報を表示できます。単一または複数のエージェントをダウンロード、更新、非アクティブ化、および削除することもできます。

[Version(バージョン)]列の次のアイコンは、インストールされているエージェントのステータスをすばやく確認するのに役立ちます。

  • 緑色のチェック・マーク:エージェントは最新です。
  • 黄色の警告の三角形:エージェントは期限切れのため、更新する必要があります。
  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Directory Integrations(ディレクトリ統合)]の順に進みます。
  2. ADインスタンスをクリックします。
  3. [Agents(エージェント)]タブをクリックします。