CSVディレクトリー統合を開始する

Okta CSVディレクトリー統合を初めて使用する場合、統合の前提条件を確認する場合、またはサポート情報をすばやく見つけたい場合は、ここから開始します。

CSVディレクトリー統合は、すぐに使用できる軽量のオプションで、Oktaプロビジョニング・エージェントを使用してオンプレミス・システムのカスタム統合を構築できます。

組織は通常、ユーザーIDが含まれるCSVファイルを使用します。Oktaは、エージェントを使用してこのファイルを定期的に取り込み、ユーザーとその属性をOktaにインポートすることができます。WorkdayやActive DirectoryなどのほかのOktaプロファイル・ソースで利用可能なすべての機能が期待できます。これには、スケジュールされたインポート、属性レベルのソーシング、一致ルール、ユーザー属性の豊富なプロファイルが含まれます。

トピック