CSVディレクトリー統合をテストする

  1. サンプルの.csvファイルを作成するか、組織内の既存のユーザー・ストアを反映したファイルを使用します。ファイルがUTF-8として保存されていることを確認します。

    ファイルには一意識別子が必要であり、loginfirstNamelastNameemailのOktaユーザー属性に対応する値も必要です。

  2. [統合]の設定で入力したファイル・パスに.csvファイルを配置します。
  3. CSVディレクトリー・アプリの[インポート]タブに移動し、[今すぐインポート]を選択します。

    ユーザーがOktaにインポートされます。確認とアクティベーションの設定が適切に行われていれば、インポート・キューで確認できます。