RingCentralの双方向属性同期を有効化

一般的に、OktaまたはActive Directory (AD) はユーザー プロファイル属性の信頼できるソースです。RingCentralをOktaに統合する場合、Direct Number(直通番号)およびExtension(内線)属性はRingCentralから取得されなければなりません。これらの属性で双方向同期を有効にすると、RingCentral属性データをOktaまたはADと共有することができます。

  1. Oktaサポートに連絡してプロファイル ソーシングおよびプッシュ機能を有効化してもらいます。
  2. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します プロファイル エディターに進みます。
  3. [Search(検索)]フィールドにRingCentralと入力します。
  4. 編集するRingCentralユーザー インスタンスの[Profile(プロファイル)]をクリックします。
  5. [Add Attribute(属性の追加)]をクリックし、DirectNumber(ダイレクト番号)およびExtension Number(内線番号)を選択して[Save(保存)]をクリックします。
  6. [Mappings(マッピング)]をクリックして[RingCentral to Okta User(RingCentralからOktaユーザーへ)]タブを選択します。
  7. ユーザーの電話番号をprimaryPhone(プライマリ電話番号)属性にマップし、[Save Mappings(マッピングを保存)]をクリックします。例えば、(appuser.directNumber != null ? appuser.directNumber : "") + "#" + appuser.extensionNumberと入力すると、ユーザーのプライマリ電話番号と内線番号がprimaryPhone(プライマリ電話番号)属性にマップされます。
  8. RingCentralをprimaryPhone属性のプロファイル ソースとして設定します。
  1. [Applications(アプリケーション)]をクリックして[Search(検索)]フィールドにRingCentralと入力します。
  2. 編集したいRingCentralアプリでRingCentralリンクをクリックします。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
  4. 下にスクロールして[Okta Attributes Mappings(Okta属性マッピング)]エリアで[Go to Profile Editor(プロファイル エディターに進む)]をクリックします。
  5. primaryPhone属性の情報アイコン)をクリックします。
  6. [Source priority(ソース優先順位)]リストで、[Override profile source(プロファイル ソースを上書き)]を選択して[Add Source(ソースの追加)]リストからRingCentralを選択します。
  7. [Save Attribute(属性を保存)]をクリックします。
  1. (任意)プロファイル マスターとして他のアプリケーションが動作している場合、RingCentralマスター優先順位が正しく設定されているか確認します。
    1. [Directory(ディレクトリ)]>[Profile Sources(プロファイル ソース)]に進みます。
    2. RingCentralの優先度を上または下に移動します。