ユーザーのデプロビジョニング

ユーザーを非アクティブ化すると、そのユーザーがプロビジョニングされていたアプリ統合の割り当てからデプロビジョニングされます。ユーザーをリアクティベートすると、以前のアプリの統合が再割り当てされます。

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[People(ユーザー)]に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにユーザー名を入力し、ユーザー名をクリックします。
  3. [More Actions(その他のアクション)]>[Deactivate(非アクティブ化)]をクリックします。
  4. [Deactivate Person(ユーザーの非アクティブ化)]ダイアログボックスで、[Deactivate(非アクティブ化)]をクリックします。

関連項目

ユーザープロファイルのリアクティベート

アプリのユーザーを自動的にディアクティベートさせる