Metaワークアカウント

このガイドに従って、Metaワークアカウントのプロビジョニングを構成します。

機能

  • 新規ユーザーをインポート
  • プロファイルの更新をインポート
  • ユーザースキーマのインポート
  • 新規ユーザーをプッシュ
  • プロファイルの更新をプッシュ
  • ユーザーの非アクティブ化をプッシュ

構成

  1. Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. [Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
  3. Metaワークアカウントを検索し、[Add(追加)]をクリックします。
  4. [Provisioning(プロビジョニング)]タブを選択して[Configure API(APIを構成)]をクリックします。
  5. [Enable API integration(API統合を有効化)]を選択し、[Authenticate with Meta Work Accounts(Metaワークアカウントで認証する)]をクリックします。MetaワークアカウントOrganizationで新しいウィンドウが開きます。
  6. Oktaがユーザーに代わってAPIを使用できるようにするには、[Add to Work Accounts(ワークアカウントに追加)]をクリックし、管理者の認証情報を入力します。
  7. 新しいアプリケーションが構成されたら、[Save(保存)]をクリックし、ウィンドウを閉じます。
  8. Oktaがアクセストークンを取得し、Metaワークウィンドウが閉じたら、[Test API Credentials(API認証情報をテスト)]をクリックし、トークンを確認します。
  9. [Save(保存)]をクリックします。
  10. 左パネルで[To App(アプリへ)]を選択し、有効化するプロビジョニング機能を選択します。[Save(保存)]をクリックします。

スキーマ検出

Meta Work Accountsはユーザーのスキーマ検出をサポートするため、ユーザープロファイルに他の属性を追加することができます。

  1. Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)][Profile Editor(プロファイルエディタ)]に進みます。

  2. [Apps(アプリ)]フィルターを選択し、リストでアプリを選択します。
  3. 属性の一覧を確認します。必要な属性が見つからない場合、[Add Attribute(属性の追加)]をクリックして拡張された属性リストを表示します。
  4. 追加する属性を選択し、[Save(保存)]をクリックします。

プッシュ値からMetaワークアカウントにユーザー属性値をインポートできます。

位置属性

デフォルトでは、OktaはユーザーのLocation(位置)をカンマ区切りのアドレスプロパティ(street, city, stateなど)で入力します。この動作がニーズに合わない場合、スキーマ検出を介して[Location(位置)]フィールドをAppUserに追加できます。

  1. [Refresh Attribute List(属性リストを更新)]をクリックします。
  2. 属性のリストで[Location(位置)]フィールドを見つけて、それをAppUserプロファイルに追加します。
  3. [Location(位置)]フィールドをOktaからMetaワークアカウントにマップします。例:user.city>location