Transport Layer Security 1.2プロトコルを有効にする

LinuxおよびWindowsのOkta Provisioning Agentをインストールするには、Transport Layer Security(TLS)v1.2プロトコルが必要です。

Linux

TLS バージョン 1.2を有効にするには、JavaコントロールパネルにアクセスしてJREを変更する必要があります。

  1. Okta Provisioning Agentをダウンロードしてインストールします。Okta Provisioning Agentをインストールするを参照してください。
  2. .../opt/OktaProvisioningAgent/conf/settings.confに移動します。
  3. settings.confの中で、エージェントに渡す引数を、次を追加して変更します。

    Dhttps.protocols=TLSv1.2 to JAVA_OPTS.

    JAVA_OPTS="-Xmx4096m -Dhttps.protocols=TLSv1.2

Windows

TLS バージョン 1.2を有効にするには、JavaコントロールパネルにアクセスしてTLS 1.2を有効にする必要があります。

  1. Okta Provisioning Agentをダウンロードしてインストールします。Okta Provisioning Agentをインストールするを参照してください。
  2. C:\Program Files\Okta\OktaProvisioningAgent\current\jre\binに移動し、javacplをダブルクリックしてJavaコントロールパネルを開きます。
  3. Javaコントロールパネルで、[Advanced (詳細設定)]タブをクリックします。
  4. [Advanced Security Settings (高度なセキュリティ設定)]で「TLS 1.2」を選択します。

次の手順

Okta Provisioning Agentをインストールする