Rallyソフトウェアカスタム属性の追加

OktaでRallyソフトウェアアプリケーションにカスタム属性を追加することで、標準スキーマでは利用できない追加のユーザープロファイル属性をマップできます。例えば、許容されるログイン失敗回数やデフォルトランディングページなどです。

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Profile Editor(プロファイルエディタ)]に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにRallyと入力します。
  3. Rally Softwareユーザーの[Profile(プロファイル)]をクリックします。
  4. [Add Attribute(属性を追加)]をクリックします。
  5. [Pick Schema Attributes(スキーマ属性を選択)]ダイアログボックスで追加属性を選択します。
  6. [Save(保存)]をクリックします。
  7. [Mappings(マッピング)]をクリックして、新しい属性をマッピングします。
  8. [Rally Software to Okta User(RallyソフトウェアからOktaユーザーへ)]または[Okta User to Rally Software(OktaユーザーからRallyソフトウェアへ)]タブを選択します。
  9. 属性を選択するか、ステップ5で追加した属性の式を入力します。
  10. [Save Mappings(マッピングを保存)]をクリックします。