タイムゾーン対応の雇用前/退職の設定

ワーカーの退職/アクティベーションはSuccessFactorsでのワーカーの位置のタイムゾーンに基づいて処理されます。

タイムゾーン対応の退職:Oktaはワーカーの位置を検出し、その位置に関連するタイムゾーンに基づいて(退職日に基づき)予定された退職手続きを処理します。このワーカーは、ワーカーのタイムゾーンで深夜0時が過ぎた後に予定されているインポート時に非アクティブ化されます。

タイムゾーン対応の雇用前:Oktaはワーカーの位置を検出し、その位置に関連するタイムゾーンに基づいて(開始日に基づき)予定された退職手続きを処理します。このワーカーは、ワーカーのタイムゾーンで深夜0時が過ぎた後に予定されているインポート時にブアクティベートされます。

例えば、オーストラリアのシドニーに拠点を置くキャシーにとって、SuccessFactorsで彼女はGMT+10のタイムゾーンに位置します。

キャシーは7月4日に退職する予定です。タイムゾーン対応の雇用前/退職機能が有効化されていない場合、すべての非アクティブ化はUTCタイムゾーン(GMT)で固定されているため、UTC時で深夜0時が過ぎた後のインポートでキャシーの退職手続きが実行されます。タイムゾーン対応の雇用前/退職機能が有効化されている場合、シドニー時間(GMT+10)で深夜0時が過ぎた後のインポートでキャシーはOktaから非アクティブ化されます。キャシーは、以前に非アクティブ化されていたはずの18時間前に、実際に非アクティブ化されます。

タイムゾーン対応の雇用前/退職を有効化するには:

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [Applications(アプリケーション)]に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにsuccessと入力します。
  3. 編集するインスタンスでSuccessFactorsアプリのリンクを選択します。
  4. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[Integration(統合)]を選択します。
  5. 統合エリアで[Edit(編集)]をクリックします。
  6. [Time Zone Aware Pre-hires/Terminations(タイムゾーン対応の雇用前/退職)]をチェックします。

  7. [保存]をクリックします。

関連記事

SAP SuccessFactors Employee CentralのStart Date(開始日)属性を表示する