最近の割り当て解除のレポート

最近の割り当て解除レポートには、指定した期間中に特定のアプリ統合から割り当て解除されたユーザーに関するデータが含まれています。

このレポートでは、ユーザーの現在の[割り当てのステータス]も示されます。これは、ユーザーが特定のアプリ統合から割り当て解除された後に、このアプリ統合に再割り当てされた可能性があるためです。こうしたシナリオのレポートでは、割り当てステータスが付与されていても、割り当て解除のレコードが存在します。

前提条件

  • Okta管理コンソールにサインインしていることを確認します。

  • このレポートは、次のいずれかの権限レベルを持つユーザーが実行できます。

    • スーパー管理者

    • 組織管理者

    • 読み取り専用管理者

    • モバイル管理者

    • レポート管理者

パラメーター

最近の割り当て解除のレポートは、次のパラメーターのいずれかを使用してフィルタリングできます。

  • アプリ統合

  • 開始日

  • 終了日

手順

  1. 管理コンソールから、[レポート] > [レポート]に移動します。

  2. [アプリケーションへのアクセスの監査]パネルで、[最近の割り当て解除]をクリックします。

  3. レポートを実行するアプリ統合を指定します。

  4. レポートをフィルタリングする日付範囲を指定します。

    注

    イベントはOktaに90日間保持されるため、最大3か月前までさかのぼって利用範囲を指定できます。

  5. [レポートを実行]をクリックします。

  6. カンマ区切り値(CSV)形式でレポートを入手するには、[CSVをダウンロード]をクリックします。

結果

生成されるレポートには、次のフィールドがあります。

フィールド名フィールドの説明

名前

割り当て解除されたユーザーの表示名

ユーザー名

Oktaプロファイルに設定されたユーザーの名前

割り当て解除

ユーザーがアプリ統合から割り当て解除されたときのタイムスタンプ

割り当てのステータス

アプリ統合におけるユーザーの現在の割り当てステータスの表示

CSVレポートには、次のフィールドもあります。

フィールド名フィールドの説明

fullName

Oktaプロファイルに設定されたユーザーの名前

assigneeOktaUsername

ユーザーがOktaで使用するユーザー名

assigneeAppUsername

ユーザーがアプリ統合で使用するユーザー名

assigneeOktaId

ユーザーの一意のOkta ID

unassigned

ユーザーがアプリ統合から割り当て解除されたときのタイムスタンプ(ISO 8601形式)

appUserStatus

アプリ統合におけるユーザーの現在の割り当てステータス