アプリケーション使用状況レポート

アプリケーション使用状況レポートには、指定された期間中にアプリ統合にサインインしたユーザーに関するデータが含まれます。

このレポートは、Okta環境内のすべてのアプリ統合、または特定のアプリ統合について実行できます。

前提条件

  • Okta管理コンソールにサインインしていることを確認します。

  • このレポートは、次のいずれかの権限レベルを持つユーザーが実行できます。

    • スーパー管理者

    • 組織管理者

    • 読み取り専用管理者

    • モバイル管理者

    • レポート管理者

パラメーター

アプリケーション使用状況レポートは、以下のパラメーターを使ってフィルタリングできます。

  • 開始日

  • 終了日

  • アプリ統合

  • ユーザー

  • グループ

手順

ある期間中のアプリ統合の使用状況レポートを作成するには:

  1. 管理コンソールから、[レポート] > [レポート]に移動します。

  2. [アプリケーション使用状況]をクリックします。

  3. デフォルトでは、レポートは次の項目を使用して実行されます。

    • 前月、今日の日付まで含む

    • アルファベット順で最初の組織のアプリ統合

    • すべてのユーザーとグループ

  4. 特定のニーズに合わせてレポートをフィルタリングするには、上部の選択ドロップ・ダウン・ボックスのレポート・パラメーターを変更します。

    注

    イベントはOktaに90日間保持されるため、最大3か月前までさかのぼって利用範囲を指定できます。

  5. [レポートを実行]をクリックして、レポート・ページ上の結果を表示します。[CSVをダウンロード]をクリックすると、カンマ区切り値(CSV)ファイルのレポートをダウンロードできます。アプリ統合のアプリケーションのユーザー名がnullの場合、CSVファイルのレポートでは空白文字が使われます。

  6. アプリ統合ドロップダウン・ボックスで[すべて(すべてのユーザーとグループ)]を選択した場合、結果はグループでのみフィルタリングでき、レポートはCSVダウンロードとしてのみ利用できます。

非同期アプリケーションの使用

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

非同期アプリケーションの使用機能をアクティブ化すると、使用状況レポート作成の手順が簡素化され、バックグラウンドで実行されます。プロセスは上記と同じです。ただし、[レポートを実行]をクリックする代わりに、[レポートを要求]をクリックします。

Oktaはバックグラウンド・タスクでレポートを生成し、レポートをCSVファイルとしてダウンロードするためのリンクを記載したメールを送信します。

結果

レポート・ページには以下の情報が表示されます。

フィールド名フィールドの説明

ユーザー

Oktaでのユーザーの名前

アプリケーションのユーザー名

アプリ統合でのユーザーの名前

ログイン

そのユーザーのログイン回数

前回のログイン

ユーザーが指定されたアプリ統合に最後にサインインしたとき

このフィールドで返されるタイムスタンプは、太平洋標準時のタイムゾーンを使用します。

CSVレポートには以下が含まれます:

フィールド名フィールドの説明

ユーザー

Oktaでのユーザーの名前

ログイン

ユーザーのOktaサインイン資格情報

アプリケーションのユーザー名

アプリ統合でのユーザーの名前

ログイン

そのユーザーのログイン回数。特定のアプリ統合が選択されている場合のみ含まれます

インスタンス名

アプリ統合の名前。[すべて(すべてのユーザーとグループ)]を選択した場合のみ含まれます

ログイン日

ユーザーが指定されたアプリ統合に最後にサインインしたとき

このフィールドで返されるタイムスタンプは、太平洋標準時のタイムゾーンを使用します。

ログイン日_ISO8601

指定されたアプリ統合にユーザーが最後にサインインした日時(ISO 8601形式)