テレフォニーの使用状況レポート

テレフォニーの使用状況レポートには、特定期間における組織のテレフォニーイベントに関するデータが含まれています。レポートは音声またはSMSイベント別でフィルターでき、使用状況の経時的傾向について把握する際に役立ちます。

開始する前に

以下を確認します:

  • 管理コンソールにサインインしている。

  • スーパー管理者、組織管理者、モバイル管理者、またはレポート管理者としてサインインしている。

パラメーター

テレフォニー使用状況レポートは、次のパラメーターを使用してフィルターできます。

  • イベント期間(直近1時間、直近24時間、直近7日間、直近30日間、直近60日間、または直近90日間)

    選択したデータ範囲全体について組織が履歴データを保有していない場合、レポート出力にはデータが利用可能な日付のみが表示されます。

  • テレフォニータイプ(音声またはSMS)

レポートを取得する

  1. Okta Admin Consoleで、[Reports(レポート)]>[Reports(レポート)]に移動します。

  2. [Telephony(テレフォニー)]セクションで、[Usage report(使用状況レポート)]をクリックします。

  3. レポートのフィルター対象となるイベント期間を入力します。Oktaはイベントを90日間保持するため、最大3か月前までさかのぼって利用範囲を指定できます。

    レポートに対しては、1つのイベント期間フィルターのみ適用することを推奨します。

  4. 任意。レポートをフィルターする際のテレフォニータイプ(音声またはSMS)を指定します。

  5. カンマ区切りの詳細なファイル(CSV)形式でレポートを入手するには、[Export CSV(CSVをエクスポート)]をクリックします。

結果

生成されたレポートには、テレフォニーリクエストに関する経時グラフが含まれており、次の情報が表示されています。

フィールド名 フィールドの説明
[Total requests(合計リクエスト数)] 選択したイベント期間における合計リクエスト数。
[Resend rate(再送信率)] 再送信リクエストが発生した全SMSメッセージの割合。再送信率の増加は到達率に問題があることを示します。
[SMS requests(SMSリクエスト数)] Oktaユーザーによって送信されたSMS数。
[SMS deliverability rate(SMS到達率)] 宛先に無事配信されたSMSメッセージの割合。
[Voice requests(音声リクエスト数)] Oktaユーザーによって送信された音声リクエスト数。

レポートには、[Requests by deliverability stage(到達ステージ別リクエスト数)]テーブルが含まれており、次の情報が表示されています。

フィールド名 フィールドの説明
[Stage(ステージ)] 各認証イベント(ユーザーリクエスト、プロバイダーへ送信、ユーザーに配信、ブロック)のステータス。
[Enrollments(登録数)] リクエスト、送信、配信、ブロックされた新しいSMS登録の数。
サインイン リクエスト、送信、配信、ブロックされたサインインメッセージ数。
[Password resets(パスワードリセット)] リクエスト、送信、配信、ブロックされたパスワードリセット数。
[Account unlocks(アカウントのロック解除)] リクエスト、送信、配信、ブロックされたアカウントのロック解除メッセージ数。

[Total(合計)]

リクエスト、送信、配信、ブロックされたメッセージの合計数。

また、レポートには[Requests sent for delivery by destination country(宛先国別配信済みリクエスト数)]テーブルも含まれており、次の情報が表示されています。

フィールド名 フィールドの説明
[Destination country(宛先国)] 各配信メッセージの地理的目的地。
[Enrollments(登録数)] 新しいSMS登録の数。
サインイン ユーザーサインイン数。
[Password resets(パスワードリセット)] (リクエスト、送信、配信、ブロックされた)パスワードリセット数。
[Account unlocks(アカウントのロック解除)] ロック解除されたユーザーアカウント数。

[Total(合計)]

登録、サインイン、パスワードリセット、アカウントのロック解除メッセージの合計数。