管理者ロールのメール通知の構成

スーパー管理者は、org内のすべての管理者にデフォルトのメール通知を設定できます。ほとんどの管理者は、利用可能なメール通知の独自のセットを持っています。例外は、レポート管理者、グループメンバーシップ管理者、および第三者管理者です。これらの管理者は、グローバルなOkta Communicationsを受信することはできますが、システム通知の対象にはなりません。

これらの設定を構成した後、管理者は、表示する権限を持つグループ、アプリ、またはユーザーのメールのみを受信します。たとえば、アプリ関連のメール通知をサブスクライブしているアプリ管理者は、関連付けられているアプリに関する通知のみを受け取ります。

開始する前に

  • スーパー管理者としてサインインしていることを確認してください。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Administrators(管理者)]に移動します。
  2. [Roles(ロール)]タブをクリックします。

  3. メール通知を構成するロールを特定し、[Edit(編集)]>[Edit role notifications(ロール通知の編集)]を選択します。

  4. ロールに必要なメール通知を選択します。

  5. [Save(保存)]をクリックします。

メール通知

メール通知
スーパー管理者
org管理者
読み取り専用管理者
モバイル管理者
グループ管理者
アプリ管理者
ヘルプデスク管理者
API Access Managementの管理者
レポート管理者
グループメンバーシップ管理者
カスタム管理者
システム通知
ユーザーのロックアウト ●^ ●^ ●*^ ●**
ユーザーのデプロビジョニング ●^

●^

(Google AppsおよびAndroid for Workのみ)

●^

(OIDCアプリのみ)

●**
アプリユーザーのインポートステータス ●^ ●^ ●^ ●**
オンプレミスプロビジョニングおよびOkta On-Prem MFA Agentの切断と再接続 ●**
IWAエージェントの切断と再接続 ●**
ADエージェントの切断と再接続 ●**
LDAPエージェントの切断と再接続 ●**
レート制限の警告と違反 ●**
無料のorgのアップグレードとライセンス付与 ●**
不審なアクティビティのユーザーレポート ●**
カスタムドメイン証明書の更新のリマインダー

●**

Okta Communications
Oktaのリリースノートとお知らせ

●**
トラストインシデントと最新情報 ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●**
システム更新の予定 ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●** ●**

* 通知は、ユーザーのロックを解除する権限が付与された管理者にのみ送信されます。

** デフォルトではオフです。

^ 2018年9月5日以降に作成されたorgの場合はデフォルトでオフです。

注:

  • 管理者ごとに、独自のメール通知設定を行うことができます。「メール通知の構成」を参照してください。

  • 管理者タイプのメール通知を編集すると、個々の管理者が設定したカスタム通知設定が、タイプのデフォルトに戻されます(これは編集した管理者タイプに関係なく行われます)。
  • レート制限の警告と違反:すべての管理者は、Okta Admin Consoleで通知バナーを受け取り、org全体のレート制限の使用量に関するメールを受信します。通知には、警告と違反のフラグが立てられます。レート制限の詳細については「レート制限の概要」を、レート制限通知を有効にする手順については「レート制限の通知の設定」を参照してください。

  • 複数のロールを持つ管理者は、割り当てられたロールごとに選択されたすべてのメール通知タイプを受け取ります。

関連項目

連絡先を設定する

クライアントベースのレート制限を構成する

レート制限通知を設定する

アクセスをOktaサポートに付与する