標準ロールを使用する

これは早期アクセス機能です。有効にするには、Okta管理コンソールで[設定] > [機能]に移動し、[カスタム管理者ロール]をオンにします。

標準のロール機能は以前と同じですが、UIが異なります。標準の管理者ロールの割り当てを作成するための開始点として、管理者コンポーネントを選択することをお勧めします。

[管理者]ページから標準ロールを使用するには:

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [管理者]

  2. [ロール]タブに移動します。[ロール]タブには、以前に作成した標準ロールとカスタム・ロールのリストが表示されます。

  3. 標準のロール・タイプでフィルタリングします。カスタムと標準の両方のロール・タイプをユーザーとユーザー・グループに割り当てることができます。割り当てられた各ロールの権限は付加的です。

ユーザーまたはグループの標準ロールの割り当てを管理するには、各ユーザーのプロファイル・ページまたはグループのページに移動し、[管理者]タブを選択します。

以下を制限できます。

  • グループ管理者、ヘルプ・デスク管理者、およびグループ・メンバーシップ管理者のロールの割り当てを、全員またはグループのサブセットに制限できます。

  • アプリ管理者をすべてのアプリ、アプリ・タイプ、およびアプリ・インスタンスに制限できます。

注

グループ・プロファイル機能が有効になっている組織では、グループ管理者の標準ロールが割り当てられている管理者はグループの名前と説明を変更できません。