行動検知と評価

行動検知と評価により、Oktaはユーザーの行動パターンを取得し、この情報を使用して、以前のアクティビティに基づく典型的なパターンを説明するプロファイルを作成します。行動検知では、ユーザーの行動の変化を考慮したサインオンポリシールールを構成できます。たとえば、ユーザーが新しい場所から、または新しいデバイスを使用してサインインする場合に多要素認証を要求するようにポリシーを構成できます。

行動の変化に基づいてユーザーのアクセスを拒否するようにポリシーを構成することはできません。ただし、追跡する特定のタイプの行動と、行動に対して変更を有効にするタイミングを設定できます。目的の行動条件を設定したら、それらをサインオンポリシールールに追加して、ユーザーに多要素認証の提供を求めるタイミングを制御できます。

行動検知について

行動とサインオンポリシーについて

行動検知を構成する

行動検知のSystem Logイベント

行動検知とリスク評価に関するよくある質問

リスクと行動の評価