Okta RADIUS Server Agentのバージョン履歴

このページには、WindowsおよびLinux向けOkta RADIUS Server Agentの現在のバージョンと過去のバージョンが表示され、一般提供(GA)および早期アクセス(EA)のリリースに合わせて更新されます。

現在のGAバージョン 2.17.6

バージョン

説明

リリース

2.17.7 このバージョンには、バグ修正とセキュリティ強化が含まれています。 2022.11.0 GA
2.17.6 このバージョンには、バグ修正とセキュリティ強化が含まれています。 2022.10.0 GA
2.17.5 このバージョンには、バグ修正とセキュリティ強化が含まれています。 2022.8.0 GA
2.17.4 このバージョンには、バグ修正とセキュリティ強化が含まれています。 2022.5.0 GA
2.17.3 このバージョンには、バグ修正とセキュリティ強化が含まれています。 2022.4.2 GA
2.17.2 このバージョンには、セキュリティ強化が含まれています。 2022.1.0 GA
2.17.1 このバージョンには、セキュリティ強化が含まれています。 2021.12.0 GA
2.17.0 このバージョンには、セキュリティ強化が含まれています。 2021.11.3 GA
2.16.0 バグ修正とGovernment Community Cloudのサポート。 2021.10.0 GA
2.15.1 バグ修正とEAP-TTLSのサポート。 2021.03.0 GA
2.15.0 Linuxの統合プロキシーのサポート、プロパティーragent.network.accept.white_listragent.network.accept.allow_listへの名前変更、およびバグ修正。 2021.02.0 EA
2.14.0 特定の脆弱性の問題を回避するための強化。PEAPv1/EAP-GTCプロトコルのサポートが含まれます。 2020.10.1 EA
2.13.0 インストーラーを更新して、セキュリティとバグ修正に対応しました。 2020.07.1 EA
2.11.0 EAP-TTLSのサポートを含むように更新されました。 2020.05.1 EA
2.10.0 Linuxのサポートを含むように更新されました。具体的には以下のとおりです。
  • Red Hat Enterprise Linuxリリース8.0
  • CentOS 7.6
  • Ubuntu 18.04.4
2020.03.1 EA
2.9.6 インストーラーを更新して、ポートと共有シークレットの要件を削除しました。 2020.01.0 EA
2.9.5 書き込み制限付きトークンを使用してLocalServiceアカウントで実行されるようにサービスを更新しました。 2019.45 EA
2.7.7 成功した要求に対して誤った応答コードが表示されていたログメッセージの修正。 2018.48 EA
2.7.6 JREをバージョン1.8.182に更新しました。 2018.46 EA
2.7.5 RADIUS要求を受信できるネットワークインターフェイスを制限する機能を提供します。 2018.32
2.7.4 このバージョンでは、セキュリティが強化されています。 2018.33
2.7.3 このバージョンでは、インストール中にCDNが無効になり、バグが修正されています。 2018.23
2.7.1 TLS 1.2をサポートしています。 2018.11
2.7.0 ログの改善、キュー管理の改善、パケット重複の修正、および多くのパフォーマンスの最適化。Windowsのイベントログは、デフォルトでは作成されません。 2017.33
2.5.0 このバージョンは、RADIUS汎用アプリおよびAmazon Workspaceアプリをサポートしています。 2017.05
2.3.1 この更新では以下が提供されます。
  • EAの機能である2要素のみの認証(2FA)のサポート。
  • 潜在的なセキュリティの脆弱性の修正。
2016.21
2.2.0 この更新により、以下のサポートが追加されます。
  • SSL証明書ピンニング
  • RADIUSユーザーがOkta Verify with Pushで認証できない問題を修正しました。
2015.51
2.1.5 この更新により、プッシュ認証を使用したOkta Verifyのマルチスレッドサポートが追加されます。

2015.32 GA

2015.30 EA

2.1.4 この更新により、SSL3暗号化プロトコルが無効になり、POODLEのセキュリティの脆弱性に対処できます。 2015.26
2.1.3 この更新により、ユーザーがプロキシーサーバーを介してOkta RADIUS Serverエージェントv2.02をインストールできなかった問題が修正されます。 2015.25
2.0.2 インストール中にRSAエージェントおよびRADIUS AgentにOAuthサポートを追加します。 2014.44
2.0.0.1 RADIUS ServerエージェントのログエントリーをWindowsイベントビューアーで表示する機能を提供します。 07/30/13
2.0.0 RADIUSに多要素認証(MFA)のオプションを提供します。 06/26/2013
1.0.0 ユーザーがOkta認証情報を使用してRADIUS対応デバイスへの認証を行えるようにする、OktaのRADIUS Serverエージェントが導入されました。 04/11/2013