レート制限通知を設定する

すべての管理者は、管理コンソールのバナーと、組織全体のレート制限の使用量に関するメールで通知されます。 「レート制限の概要」を参照してください。

注

クライアントおよび運用ベースのレート制限の使用量については、管理者に通知されることはありません。

これらの通知には、警告と違反のフラグが立てられます。

  • 組織のレート制限の使用量がしきい値を超えると、警告が表示されます。現在、しきい値は、API製品では60%、Workforce製品では90%に設定されています。

  • 組織のレート制限の使用量が100%に達すると、違反が表示されます。

これらの通知からレート制限ダッシュボードにアクセスして、レート制限、および各エンドポイントの現在の使用率を把握および調査できます。「レート制限ダッシュボード」を参照してください。

注

レート制限ダッシュボードは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

開始する前に

  • 管理者としてサインインしていることを確認してください。

このタスクを開始する

レート制限通信を設定するには:

  • 管理コンソールで、[設定] > に移動します [アカウント]

  • [レート制限通信]セクションで、[編集]をクリックします。

  • [レート制限通信を有効にする]チェック・ボックスを選択すると、管理コンソールの通知バナー、および組織全体のレート制限の使用量に関するメールが有効になります。

  • [保存]をクリックします。

レート制限の警告および違反に関するメール通知をサブスクライブ解除する

  1. 通知を有効にすると、[システム通知]セクションに[レート制限の警告と違反]チェック・ボックスが表示されます。これはデフォルトで選択されています。

  2. [管理者メール通知]セクションで、[編集]をクリックします。

  3. [レート制限の警告と違反]チェック・ボックスをオフにします。

  4. [保存]をクリックします。

関連項目

レート制限の概要

デフォルトの管理者メール通知を設定する