ディレクトリデバッガーを有効にする

ディレクトリデバッガーは、Okta ADおよびLDAPエージェントから診断データを収集します。ディレクトリデバッガーを有効にしてOktaサポートへのアクセス権を付与すると、データを使用してエージェントの問題をトラブルシューティングできます。アクセスが不要になったら、無効にすることができます。
アクセス権はデフォルトで8時間付与されますが、24時間単位で最大14日間まで延長できます。

  1. Okta Admin Consoleで、[Settings(設定)]>[Account(アカウント)]に移動します。
  2. [Give Directory Debugger Access to Okta Support(ディレクトリデバッガーアクセスをOktaサポートに付与する)]セクションで、[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Directory Debugger access(ディレクトリデバッガーアクセス)]ドロップダウンリストで、[Enabled(有効化)]を選択します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。

  5. 任意。ディレクトリデバッガーアクセス権の期間を延長する場合は、次の手順を実行します。

    1. [Edit(編集)]をクリックします。
    2. [Extend Directory Debugger access(ディレクトリデバッガーアクセスを延長する)]を選択します。
    3. 任意。アクセス期間を延長するには、手順bを繰り返します。

    4. [Save(保存)]をクリックします。

  6. 任意:アクセス権を無効にする場合は、次の手順を実行します。

    1. [Edit(編集)]をクリックします。

    2. [Directory Debugger access(ディレクトリデバッガーアクセス)]ドロップダウンリストで、[Disabled(無効化)]を選択します。

    3. [Save(保存)]をクリックします。