インライン・フックをプレビューする

新しいインライン・フックを有効にする前にプレビューすることで、カスタム・コードとの相互作用を確認します。インライン・フック・リクエストを構成して、コードの応答のトラブルシューティングを行うことができます。

: 現在、SAML および登録インライン・フックをプレビューできます。今後追加のフック・タイプが利用可能になる予定です。

  1. 管理コンソールで、[ワークフロー] > に移動します インライン・フック
  2. プレビューするインライン・フックを探し、その[アクション]メニューをクリックします。注: デフォルトでは、アクティブなインライン・フックが最初に表示されますが、タイプまたは名前で表を並べ替えることができます。
  3. [プレビュー]を選択します。
  4. [プレビュー]タブで次のタスクを実行します。
    • [構成]セクションで、[ユーザー・プロファイル]ドロップ・ダウン・メニューからユーザーを選択します。
    • [サンプル・インライン・フック・リクエストのプレビュー]セクションで、[リクエストを生成]をクリックします。リクエストのJSONペイロードのサンプルに、構成したユーザー・プロファイル・オブジェクトが入力されていることを確認します。
    • 任意で、プレビュー・データをテストする前に追加のカスタマイズが必要な場合は、[編集]をクリックしてリクエストのJSONペイロードを編集します。
    • [サービス応答の表示]セクションで、[応答の表示]をクリックします。

: 生成されるフックのプレビュー・データにはプレースホルダーの値が含まれる場合があり、プレビュー・リクエストとは異なる場合があります。

関連項目

インライン・フックを追加する

インライン・フックの使用状況のメトリクスを表示する

インライン・フックを削除する