認証

認証は、サインインしているユーザーの本人確認を行うためのプロセスです。従来、ユーザーのIDを確認するためにユーザー名とパスワードが使用されていましたが、この組み合わせでは適切なレベルの保護を行えなくなりました。Oktaを使用すると、安全かつ確実にユーザーのIDを確認することができます。

多要素認証
ユーザーのサインイン時に別のセキュリティー層を追加するように多要素認証を構成します。

サインオンのポリシーとルール
指定された適切なレベルのアクセス権でユーザーがサインインできるように、ポリシーとルールを適用します。

パスワードなしの認証
Oktaサインオン・ポリシーとアプリ・サインオン・ポリシーを組み合わせて、ユーザーにパスワードなしのエクスペリエンスを提供します。

IDプロバイダー
ユーザーが最初にソーシャル・アカウントで認証してOktaにサインインできるように、IDプロバイダーを設定します。

Okta RADIUS統合
RADIUSプロトコルをサポートするデバイスを統合して、認証をOktaに委任します。