モバイル・デバイスのデバイス管理を構成する

デバイスの管理が必要なアプリのサインオン・ポリシーを評価する際、Oktaでは、Okta管理コンソールで生成され、ご使用のMDMプロバイダーが管理するアプリの構成で入力したキーと一致するキーがデバイスにインストールされているかどうかを確認することで、対象のAndroidおよびiOSデバイスの管理ステータスを判別します。

この手順を開始する

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [デバイス統合]
  2. [エンドポイント管理]タブをクリックします。
  3. [プラットフォームを追加]をクリックします。
    注

    同じタイプのプラットフォームに複数の構成を追加する場合は、Identity EngineのDevice Trustに関する既知の問題を参照してください。

  4. 必要に応じて[Android]または[iOS]を選択します。
  5. [次へ]をクリックします。
  6. [管理証明の構成]で以下を実行します:
    1. フィールドの横にあるコピー・アイコンをクリックして、提供された秘密鍵をクリップボードにコピーします。この秘密鍵は、 OktaをサードパーティーMDMプロバイダーに統合するで説明するように、後でMDMプロバイダーのアプリ構成に入力します。
      重要な注意事項

      提供された秘密鍵の値がOktaに表示されるのはこの時だけなので、メモしておいてください。[秘密鍵をリセット]をクリックして新しい秘密鍵を生成する場合は、ご使用のMDM構成も新しいキーで更新してください。

      [デバイス管理プロバイダー]フィールドにはご使用のMDMの名前が事前に入力されていますが、変更することができます。このフィールドの内容は、エンド・ユーザーが後でデバイスを登録する際に表示されます。

    2. [登録リンク]フィールドに、未登録のデバイスがあるエンド・ユーザーをリダイレクトするためのWebアドレスを入力します。たとえば、これらのユーザーを登録手順が記載されたページや選択したMDMの登録ページにリダイレクトすることができます(MDMプロバイダーがWebベースの登録をサポートしている場合)。
    3. [保存]をクリックします。

次の手順