EDR統合を検証する

EDR統合を幅広くデプロイする前に、検証を行うことが重要です。これらの手順では、SPおよびIdPによって開始される認証に対して統合を検証する方法について説明します。

この手順を開始する

  1. Okta Verifyを認証方法として使用してOktaにサインインします([このデバイスを使用する]または[このデバイスでOkta Verifyを使用してサインインする]ように求められるパスワードなしの認証など)
  2. SPによって開始された認証の検証:
    1. ブラウザーを開いて、ポリシーで保護されている関連したアプリに直接アクセスを試行します。次のいずれかによって、[許可][拒否]を検証します:(a)デバイスの状態を変更する(ファイアウォールのオンとオフを切り替えるなど)、(b)アプリのサインオン・ポリシーで指定したEDRを変更する。
    2. 別のタブを開き、ポリシーで保護されている関連したアプリに直接アクセスを再試行して、新しいタブで[許可]と[拒否]の両方のフローを検証します。
  3. IdPによって開始された認証の検証:Oktaエンド・ユーザー・ダッシュボードで、ポリシーで保護されている関連したアプリをクリックします。次のいずれかによって、[許可][拒否]を検証します:(a)デバイスの状態を変更する(ファイアウォールのオンとオフを切り替えるなど)、(b)アプリのサインオン・ポリシーで指定したEDRシグナルを変更する。
  4. アプリのサインオン・ポリシー設定[ユーザーが使用する認証方法][パスワード+ 別の要素]に変更し、前の手順で説明したようにSPおよびIdPによって開始される認証フローを繰り返します。

関連項目