Okta FastPassを無効にする

パスワードなしの認証をユーザーから削除する場合は、Okta FastPassを無効にします。

  1. Okta FastPass機能を使用した既存のポリシーがある場合は、それを修正します:
    1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [アプリケーション]
    2. Okta FastPassに対してサインオン・ポリシー・ルールを有するアプリケーションをクリックします。
    3. [サインオン]タブをクリックします。
    4. 適切なポリシー・ルールを設定するには、メニューをクリックして[編集]を選択します。
    5. [ANDデバイスの状態]条件を[すべて]に設定します。
    6. [AND次のカスタム式をtrueとする]に条件が存在する場合、その条件を削除します。

      このスクリーンショットは、FastPassを無効にする前に、Okta FastPass機能を使用した既存のポリシーがどのように表示されているかを示しています。

    7. [保存]をクリックします。
  2. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します[オーセンティケーター]
  3. Okta Verifyで、[アクション] > [編集]をクリックします。
  4. [検証オプション]で、[Okta FastPass(すべてのプラットフォーム)]チェックボックスをオフにします。
  5. ユーザーに対して、サインイン・ウィジェットは次のように表示されます:

    このスクリーンショットには、Okta FastPassが有効になっていない場合のサインイン・ウィジェットが表示されています。