iOSデバイス向けのOkta Verifyの構成

モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを使ってOkta Verifyの構成をドメインにデプロイできます。構成によってOkta Verify機能が有効化されます。

管理対象アプリの構成は、必ず次の優先ドメイン両方にデプロイしてください。

  • 優先ドメイン1:com.okta.mobile
  • 優先ドメイン2:com.okta.mobile.auth-service-extension

以下のキーと値を使用して、Okta Verifyを構成します。

OktaVerify.OrgUrl

この構成を使用して、サインインURLに事前にデータを取り込み、エンドユーザーがOkta Verifyアカウントを追加するときにこの値を入力しなくて済むようにします。たとえば、example.okta.comなどです。この構成は、Okta Verify 7.2.0以降で利用できます。

値(文字列):<org_sign-in_URL>

managementHint

この構成を使用して、デバイスが管理されていることを示す秘密鍵を指定します。例: 3zr7Q~vw4C16FS2bH8UfS1gJ5cL6sj~x_U9PQ

値(文字列): <secret_key>

OktaVerify.UDID

管理対象デバイスで固有のデバイスIDの収集を有効にします。

値(文字列):<UDID>

<UDID>は、MDMプロバイダーが提供する定義済みマクロです。この値を取得できない場合、Okta Verifyは空の値を報告します。

OktaVerify.SerialNumber

管理対象デバイスでシリアルIDの収集を有効にします。

値(文字列):<serial_number>

<serial_number>は、MDMプロバイダーが提供する定義済みマクロです。この値を取得できない場合、Okta Verifyは空の値を報告します。