WindowsでのOkta Verifyの自動更新

Okta Verify for Windowsは、デバイスにインストールされると、アプリの新しいバージョンが利用可能になるたびに自動的に更新されます。通常、アプリの新しいバージョンは、新機能、機能強化、およびバグ修正を促進するために毎月リリースされます。この定期的にスケジュールされた機能更新は、7日間の時間差で行われます。たとえば、Okta Verifyの新しいバージョンが1月1日にリリースされる予定の場合、アプリをインストールしているユーザーは、1月1日から1月7日までの期間にデバイスが更新されることを期待できます。

定期的にスケジュールされた更新とは異なり、セキュリティ更新プログラムとホットフィックスリリースは、時間差のあるスケジュールでリリースされません。代わりに、重要な更新が必要に応じてすべてのクライアントにデプロイされます。

登録されていないデバイスを更新する

Okta VerifyがWindowsにインストールされているが、ユーザーがすぐに登録することを期待しない場合は、Okta Verifyのデプロイに使用される管理対象アプリ構成でOrgUrlオプションを指定することにより、アプリを最新の状態に保つことができます。

自動更新を延期する

Okta Verifyの新しいリリースを大規模なグループにロールアウトする前にテストする場合は、自動更新の終了日から1~13日後に自動更新を延期できます。このロールアウト延期オプションは、Okta Verify for Windows 3.7.1以降のバージョンで利用できます。

新規インストールの場合、AutoUpdateDeferredByDaysオプションを1~13の整数に設定してOkta Verify for Windowsをデプロイすることで、自動更新を延期できます。

既存のインストールでは、ローカルマシンのレジストリキーを手動で更新して、自動更新を延期できます。以前にデプロイされたバージョンのOkta Verify for Windowsの自動更新を大規模に延期するには、PowerShellのNew-Itemコマンドレットを使用して新しいAutoUpdateDeferredByDaysレジストリキーを作成し、デバイス管理ソフトウェアを使用してコマンドレットをリモートコンピューターにデプロイします。たとえば、次のようなPowerShellコマンドを使用して、既存のOkta Verify for Windowsインストールにレジストリキーを追加します。

New-Item -Path HKLM:\Software\Okta\Okta Verify\AutoUpdateDeferredByDays -Value 13

この例では、コマンドレットがデプロイされるコンピューターで自動更新を13日間延期しています。ただし、リモートコンピューターのレジストリへの変更は、リモートWindowsコンピューターでOkta Verifyを再起動した後にのみ有効になります。