デフォルトのアプリ・リダイレクトの設定

サインイン時に、エンド・ユーザーがアクセスしようとしているアプリケーションをOktaで判別できない場合、エンド・ユーザーはEnd-User Dashboardに転送されます。コンテキストの特定のアプリなしでサインインするエンド・ユーザー、あるいは、パスワードまたは多要素認証のリセットを実行する復旧済みのエンド・ユーザーがダッシュボードに直接移動しないように、デフォルトのアプリ・リダイレクトを構成できるようになりました。

特定のアプリにサインインするエンド・ユーザーは、デフォルトのアプリ・リダイレクトの影響を受けません。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します [カスタマイズ][一般]タブを選択します。または、有効にした場合 EAのブランディング、移動します [カスタマイズ] > [その他]

  2. [サインイン・ウィジェット用のデフォルトのアプリケーション]セクションで、[編集]をクリックします。

  3. [アプリケーション]メニューで、デフォルトのリダイレクトとして使用するアプリの名前の入力を開始します。複数のSAMLアプリとOIDCアプリがあれば、ドロップダウン・リストに表示されます。デフォルトのリダイレクトにOpenID Connect(OIDC)アプリを選択した場合、AppLinkはinitiate_login_uriに変更されることに注意してください。

  4. [保存]をクリックします。

End-User Dashboardは、https://orgname.okta.com/appUser/homeで引き続き利用できます。

関連項目

Oktaサインオン・ポリシーを作成する

Oktaサインオン・ポリシー・ルールを追加する

アプリのサインオン・ポリシー・ルールの追加