グループ所有権

Okta Identity Governanceは、サブスクリプションベースで一般利用可能です。詳細については、担当のアカウントエグゼクティブまたはカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

これは、Okta Identity Governanceが有効になっているorg向けの早期アクセス機能です。「早期アクセス機能とBeta機能の管理」の説明に従い、早期アクセス機能マネージャーを使用してこの機能を有効にします。

グループ所有権機能により、管理者は特定のOktaユーザーをグループの所有者として割り当てることができます。

グループ所有者は、グループ名や説明などの属性を変更できます。

グループへのユーザーアクセスを管理するには、所有者は、グループ所有権ロールに加えて、標準ロールまたはグループ管理権限が必要です。グループには最大10人の所有者を含めることができます。

また、Okta EL式を使用して、アクセス認定キャンペーンのレビュアーとしてグループ所有者を指定することもできます。これにより、リソースの所有権が変更されたときにキャンペーン構成を更新することなく、キャンペーンに関連付けられたリソースのレビュアーを一元管理できます。「動的レビュアーを定義する」を参照してください。

グループ所有者の表示と割り当て

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)]>[Groups(グループ)]に移動します。

  2. グループを選択して[Group(グループ)]ページを開きます。

  3. [Group(グループ)]ページの[Owners(所有者)]タブに移動します。このグループの所有者のリストが表示されます。

  4. [Group Ownership for Okta Directory(Okta Directoryのグループ所有権)]を有効にして、Okta Directoryからの所有者管理を許可します。

グループプロファイル属性の管理

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)]>[Groups(グループ)]に移動します。

  2. グループを選択して[Group(グループ)]ページを開きます。

  3. [Actions(アクション)]ドロップダウンで、[Edit(編集)]をクリックします。

  4. 必要な変更を加えます。

  5. [Save(保存)]をクリックします。

関連項目

Okta式言語の例