ログ・ファイルにアクセスして管理する

RADIUSエージェントのログ・ファイルは、C:\Program Files (x86)\Okta\Okta RADIUS Agent\current\logsにあります

ログ・レベルは、log4j.propertiesファイルを変更することで設定できます

Okta RADIUS Agentのインストール先に応じて、次の場所でデータ・ログにアクセスできます。

  • Windows:C:\Program Files (x86)\Okta\Okta RADIUS Agent\current\logs
  • Linux:/opt/okta/ragent/logs

ログ・レベルを上げるには:

  1. 以下のインストール・フォルダーからlog4j.propertiesファイルを開きます。
    Windows: C:\Program Files (x86)\Okta\Okta RADIUS Agent\current\user\config\radius\
    Linux:/opt/okta/ragent/user/config/radius
  2. infoの3つのインスタンスをすべてdebugに変更します。更新すると、次のようになります。
    • log4j.logger.app=debug, app
    • log4j.logger.access=debug, access
    • log4j.rootLogger=debug, app, stdout

RADIUSエージェント・バージョン2.15.0以降では、log4j.propertieslog4j.xmlに置き換えられます。

  1. 以下のインストール・フォルダーからlog4j.xmlファイルを開きます。
    Windows: C:\Program Files (x86)\Okta\Okta RADIUS Agent\current\user\config\radius\
    Linux:/opt/okta/ragent/user/config/radius
  2. infoの3つのインスタンスをすべてdebugに変更します。更新すると、次のようになります。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <Configuration status="error" name="OktaRadiusLogConfig">
        <Appenders> . . . </Appenders>
        <Loggers>
            <Logger name="app" level="debug" additivity="false">
               <AppenderRef ref="app"/>
            </Logger>
            <Logger name="access" level="debug" additivity="false">
                <AppenderRef ref="access"/>
                <AppenderRef ref="app"/>
            </Logger>
            <Root level="debug">
                <AppenderRef ref="STDOUT"/>
                <AppenderRef ref="app"/>
            </Root>
        </Loggers>
    </Configuration>