顧客向けRADIUSアプリケーションを構成する

このタスクでは、RADIUS認証要求を処理するOkta RADIUS Agentサーバーを指定するように特定のアプリケーションを構成します。

そのための手順はアプリケーションやインフラストラクチャによって異なりますが、通常は以下が必要です。

  • アプリまたはインフラストラクチャの認証方法としてRADIUSを有効にします。
  • Okta RADIUS Serverのホスト名またはIPアドレスを指定します。
  • 使用するポートを指定します。これはOktaでRADIUSアプリを設定した際に選択したものと同じポートにする必要があります。
  • RADIUS認証タイプを選択します。現在、Okta RADIUS AgentはPAP認証のみをサポートしています。
  • 認証時にエンド・ユーザーがRADIUSで保護されたリソースにアクセスしてMFAに登録することを許可するかどうかを決定します。このアクセスが無効になっている場合、MFAに登録されていないユーザーは認証前にOktaに登録する必要があります。インライン登録を許可するには、チェックボックスをオンにします。

詳細については、ベンダーのドキュメントを参照し、RADIUSの設定に関するコンテンツを探してください。