既存のADFSインストールでOpen ID Connectを有効にする

既存のADFSインストールでOpen ID Connectを有効にします。
既存のアプリケーションでOpenID Connectを使用できるようにするには:

  1. ADFSアプリケーションに移動し、[Sign On(サインオン)]タブを選択します。
  2. [OpenID Connect]を選択します。
    [RedirectURI]フィールドが正しく設定されていることを確認してください。

    リダイレクトURIが前向きのトレイリングスラッシュで終わっていることを確認します。例:https://yourdomain.com/

  3. 既存のADFSプラグインをバージョン1.7.0以降にアップグレードします。
    注:プラグインのアップグレードを実行する前に、ADFSの認証ポリシーからOkta MFAプロバイダーを削除してください。

  4. アップグレードの完了後、アプリケーションが引き続き正常に動作することを確認します。
    1. テキストエディターを使用してC:\Program Files\Okta\Okta MFA Provider\config\okta_adfs_adapter.jsonを開きます。

      注:デフォルトでは、okta_adfs_adapter.jsonファイルはc:\Program Files\Okta\Okta MFA Provider\config\okta_adfs_adapter.jsonにあります。

      詳細については、「Active Directory Federation Services(ADFS)向けMFAの構成」を参照してください。
    2. useOIDCプロパティを検索して変更し、その値をtrueに設定します。
      例:useOIDC:true
  5. テキストエディターを使用して、次のMicrosoft Powershellスクリプトをコピーして作成し、ApplyConfigurationSettingChanges.ps1として保存します。
    必要に応じて、BinDirおよびConfigDir変数の値を環境に合わせて変更します。
    コピー

    ApplyConfigurationSettingChanges.ps1

    # ApplyConfigurationSettingChanges.ps1
    [System.Reflection.Assembly]::Load("System.EnterpriseServices, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")

    $BinDir = "C:\Program Files\Okta\Okta MFA Provider\bin"
    $ConfigDir = "C:\Program Files\Okta\Okta MFA Provider\config"

    Start-Service adfssrv

    # Remove Okta MFA Provider
    $providers = (Get-AdfsGlobalAuthenticationPolicy).AdditionalAuthenticationProvider
    $providers.Remove("OktaMfaAdfs")
    Set-AdfsGlobalAuthenticationPolicy -AdditionalAuthenticationProvider $providers

    # Unregister
    Unregister-AdfsAuthenticationProvider -Name "OktaMfaAdfs" -Confirm:$false -ErrorAction Stop

    # restart the ADFS service
    Restart-Service adfssrv -Force

    # register MFA adapter again
    $OktaMfaAssamply = [Reflection.Assembly]::Loadfile($BinDir + "\OktaMfaAdfs.dll")
    $typeName = "OktaMfaAdfs.AuthenticationAdapter, OktaMfaAdfs, Version=" + $OktaMfaAssamply.GetName().Version + ", Culture=neutral, PublicKeyToken=3c924b535afa849b"
    Register-AdfsAuthenticationProvider -TypeName $typeName -Name "OktaMfaAdfs" -Verbose -ConfigurationFilePath "$ConfigDir\okta_adfs_adapter.json"

    # restart the service
    Restart-Service adfssrv -Force

    # Enable Okta MFA adapter
    $providers = (Get-AdfsGlobalAuthenticationPolicy).AdditionalAuthenticationProvider
    $providers.Add("OktaMfaAdfs")
    Set-AdfsGlobalAuthenticationPolicy -AdditionalAuthenticationProvider $providers
  6. 管理者としてMicrosoft PowerShellを開き、スクリプトApplyConfigurationSettingChanges.ps1を実行します。
  7. ユーザーが認証できることを確認します。

アプリケーションプラグインがOpenID Connectを使用するように正常にアップグレードされました。