AWS受信ルールを構成する

インスタンスBはAWS Directory Serviceと通信できる必要があります。必要なポート/プロトコルを構成して必要なアクセスを許可するため、受信ルールが使われます。このタスクでは、RADIUSエージェントをホストするインスタンスBがAWS Directory Serviceと通信するために必要なAWS受信ルールを作成します。

受信ルールを構成する

  1. ブラウザーで、AWS Workspaceに移動して管理者としてログインします。

  2. ブラウザーでAWS Workspaceに移動します。

  3. [ディレクトリー]タブを選択します。

  4. 選択したディレクトリーの[詳細]セクションで、[ディレクトリーID]
    をメモします。

  5. セキュリティー・グループ・ページに移動し、関連付けられたグループ名のグループIDを特定します。

  6. グループIDを使用して、セキュリティー・グループに移動します。

  7. 次の値を持つ受信ルールを作成します。

    フィールド
    プロトコルUDP
    ポート範囲1899

    完了したら、新しい受信ルールは以下のようになるはずです。

  8. :必要なポートでUDPトラフィックを許可するためにWindowsファイアウォール・ルールの作成が必要になる場合があります。