Okta RADIUS Agentを使用するようにCisco Merakiを構成する

このタスクでは、Cisco Merakiゲートウェイを構成します。

開始する前に

  • 共通のUDPポートと秘密鍵の値が利用可能であることを確認します。
重要な注意事項

重要

以下の手順は、EAP-TTLSが有効になっているRADIUSエージェントを構成する場合にのみ有効です。

  • プレーンPAP認証を使用する場合、Merakiのスプラッシュ画面オプションを使用して認証します。
    RADIUSアプリがEAP-TTLS用に構成されていない場合、Merakiの構成手順は異なります。代わりに [ユーザのRADIUSサーバを使用したサインオン]を選択します。
  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してMerakiコンソールにサインインします。
  2. [ワイヤレス] > [設定] > [アクセス制御]に移動します。
  3. 次の設定を構成します。
    • Oktaに対して802.1X EAP-TTLSで認証を行うための設定をするSSIDを選択します。
    • [WPA2 エンタープライズ]にチェックを入れ、[my RADIUS server]を選択します。
    • [スプラッシュ・ページ・チェック]:[なし]
  4. RADIUSエージェントの詳細を以下のように入力します。
    • [RADIUSサーバ]で、[ホスト]の下にOkta RADIUS AgentのIPアドレスを入力します。
    • [ポート番号][シークレット] には、Cisco MerakiワイヤレスLAN(RADIUS)アプリのアプリケーション設定と同じ値を入力します。

    Cisco Merakiアプリケーションの設定