Fortinetアプライアンス統合のテスト

Fortinet SSL VPNアプライアンスがOktaで動作するように正しく構成されていることを確認する2つのテストがあります。

トピック

ネットワーク・フロー図

FortinetでSSL-VPNをテストする

  1. 以下に示すように、Fortinetアプリを開き、[リモート・アクセス]を選択します。

  2. [ユーザー名][パスワード]を入力します。
    • ユーザー名は、上記のパート2でOktaにアプリを追加したときに指定した形式にする必要があります。
    • 構成済みの場合は、パスワードをワンタイム・パスワード(OTP)またはキーワードと連結します。たとえば、Password1,123456Password1,pushPassword1,smsなどのようにします。詳細は以下のとおりです。
      • 123456:Okta Verify、Google Authenticator、またはYubiKey OTPのコード
      • push:登録済み電話へのプッシュ通知をトリガー
      • sms:登録済み電話へのSMSをトリガー
      • other:その他の構成
  3. [接続]をクリックします。
  4. 以下のように[接続エラー]画面が表示された場合は、ユーザー名とパスワードを確認して再試行してください。

  5. チャレンジ画面が表示されたら、以下に示すように、適切な第2要素に対応する番号を入力し、[続行]をクリックします。プロンプトに従い、第2要素のチャレンジを入力して、[OK]をクリックします。

    注:ユーザーは、登録したデバイスに基づいて、第2要素を使用するよう求められます。

  6. チャレンジが正常に完了すると、接続が確立され、以下の画面が表示されます。

    以下に示すように、FortiClientコンソールに接続の詳細が表示されます。

    誤った値を入力した場合、またはプッシュ通知への応答に時間がかかりすぎている場合、以下の画面が表示されます。

Fortinet WebポータルでクライアントレスVPNをテストする

  1. 以下に示すように、Fortinet WebポータルのURLに移動します。

  2. [ユーザー名][パスワード]を入力します。
    • ユーザー名は、上記のパート2でOktaにアプリを追加したときに指定した形式にする必要があります。
    • 構成済みの場合は、パスワードをワンタイム・パスワード(OTP)またはキーワードと連結します。たとえば、Password1,123456Password1,pushPassword1,smsなどのようにします。詳細は以下のとおりです。
      • 123456:Okta Verify、Google Authenticator、またはYubiKey OTPのコード
      • push:登録済み電話へのプッシュ通知をトリガー
      • sms:登録済み電話へのSMSをトリガー
      • other:その他の構成
  3. [接続]をクリックします。
  4. 以下のように[ログインに失敗しました]という画面が表示された場合は、ユーザー名とパスワードを確認して再試行してください。

  5. チャレンジ画面が表示されたら、以下に示すように、適切な第2要素に対応する番号を入力します。プロンプトに従って第2要素認証チャレンジを入力し、[ログイン]をクリックします。

    注:ユーザーは、登録したデバイスに基づいて、第2要素を使用するよう求められます。

  6. チャレンジが正常に完了すると、接続が確立され、以下の画面が表示されます。

    誤った値を入力した場合、またはプッシュ通知への応答に時間がかかりすぎている場合、以下の画面が表示されます。