アプリ、ディレクトリー、IDプロバイダーにカスタム属性を追加する

属性がディレクトリーにすでに存在する場合にのみディレクトリー・プロファイルに属性を追加できるため、Oktaはスキーマ検出を実行して使用可能な属性のリストを入力します。Oktaで属性を検出するには、ディレクトリー内のユーザー・オブジェクト階層内のオブジェクト(ユーザー・オブジェクト、親オブジェクト、または補助オブジェクト)に追加する必要があります。

空のままのユーザー属性値フィールドは""または空の文字列として処理され、プロファイルに""として保存されます。search=(profile.<propertyName> pr)を使用すると、空の文字列を持つユーザー・プロファイルはNULLではなく値を含むため返されます。属性をNULLとして設定するには、Okta APIを使用する必要があります。「Okta開発者用ドキュメント」を参照してください。

スキーマの検出は完了するまで数秒かかります。完了すると、Oktaがディレクトリー内で検出する権限を持つ属性のリストが表示されます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [プロファイル・エディター]
  2. [フィルター]リストで、[アプリ][ディレクトリー]、または[IDプロバイダー]を選択します。
  3. 変更するアプリ、ディレクトリー、またはIDプロバイダーについて、[プロファイル]をクリックします。[プロファイル]が利用できない場合は、プロファイル名をクリックします。
  4. [属性を追加]をクリックします。
  5. [属性を追加]ダイアログ・ボックスで属性を選択し、[保存]をクリックします。