カスタム・ディレクトリー・スキーマ属性を追加または削除する

属性がActive Directoryにすでに存在する場合のみ、属性をOktaディレクトリー・プロファイルに追加できます。Oktaは最初にスキーマ検出を実行して、使用可能な属性のリストを入力します。Oktaで属性を検出するには、ディレクトリー・ユーザー・オブジェクト階層内のオブジェクト(ユーザー・オブジェクト、親オブジェクト、または補助オブジェクト)に追加する必要があります。

スキーマの検出が完了すると、Oktaがディレクトリ内で検出する権限を持つ属性のリストが表示されます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [プロファイル・エディター]
  2. [フィルター]リストで[ディレクトリー]をクリックします。
  3. 変更するディレクトリーで、[プロファイル]をクリックします。[プロファイル]が利用できない場合は、プロファイル名をクリックします。
  4. [属性を追加]をクリックします。
  5. [スキーマ属性を選択]ダイアログで属性を選択し、[保存]をクリックします。
  6. 任意:カスタム属性を削除するには、[フィルター] リストで[カスタム]を選択し、属性の[X (X)]をクリックし、[属性を削除]をクリックします。