ユーザーを手動で追加する

ユーザーが組織に参加するときに、ユーザーを手動で追加します。ユーザーを追加したら、アプリとグループに割り当てて、そのプロファイルを管理できます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [ユーザー]
  2. [ユーザーを追加]をクリックします。
  3. [ユーザー・タイプ] リストでユーザー・タイプを選択するか、デフォルトを受け入れます。「Universal Directoryのカスタム・ユーザー・タイプについて」を参照してください。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • [名]:ユーザーの名を入力します。
    • [姓]:ユーザーの姓を入力します。
    • [ユーザー名]:ユーザーのユーザー名をメール形式で入力します。
    • [メインのメール・アドレス]:ユーザーの主に使用するメール・アドレスがユーザー名と異なる場合に入力します。
    • [予備のメール・アドレス]:オプションです。予備のメール・アドレスを入力して、主に使用するメール・アドレスが利用できないときにユーザーが情報にアクセスできるようにします。
    • [グループ]:オプションです。ユーザーが属するグループを入力します。
    • [パスワード][ユーザーが設定]を選択してユーザーがパスワードを設定できるようにするか、[管理者が設定]を選択してパスワードを入力します。
    • [ユーザーのアクティブ化を今すぐ送信]:オプションです。このチェックボックスは、パスワード・オプションとして[ユーザーが設定]が選択されている場合に利用可能です。ユーザーにユーザーのアクティブ化メールを送信するには、このチェック・ボックスをオンにします。
    • [ユーザーは初回のログイン時にパスワードを変更する必要があります]:オプションです。このチェック・ボックスは、パスワード・オプションとして[管理者が設定] が選択されている場合にデフォルトで選択されます。ユーザーが最初にサインインするときにパスワードを変更しない場合は、このチェックボックスをオフにします。
  1. [保存]または[保存してほかにも追加]をクリックすると、別のユーザーが追加されます。