Anything-as-a-Source

限定EA:これは限定アーリーアクセス(LEA)機能であり、限られた対象者しか利用できません。これを有効にするには、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)またはOktaサポートにお問い合わせください。

Anything-as-a-Source(XaaS)を使用すると、信頼できるあらゆる情報源をOktaに統合してHR主導のプロビジョニングからメリットを得られます。XaaSは、Oktaと信頼できる情報源間の同期条件を定義する柔軟性を実現します。また、一部のIDはOktaでの表記を必要とせず、Anything-as-a-Sourceは無関係のデータを除去して適切なIDのみを同期できます。

制限事項

Anything-as-a-Sourceには、以下の制限事項があります。

  • XaaSでは、インポート・スケジュール、インポート・セーフガード(アプリ単位または組織単位)、ユーザー・インポート・インライン・フックが使用できません。

  • 一括インポートは、1セッションあたり最大1万ユーザーに制限されています。

  • 一括インポートはバッチあたり200ユーザー単位で実行され、1つのインポート・セッションで最大50件のPOSTリクエストが可能です。

  • アカウントの照合、リンク、プロファイル・マッピングに関するAPIはありません。アカウント照合やリンクのポリシーを構成する管理者は、Okta管理者ダッシュボードを利用する必要があります。

  • 特定のセッションで同じユーザーを2回リスト追加すると、(競合状態やプロファイル競合など)データが不正確になる問題が生じます。

  • 空のプロファイルを送信すると空のユーザーが生成されますが、Oktaが推奨しない操作です。

  • XaaSを(Workdayなど)Oktaを使用する既存の統合に接続すると、データが不正確になる問題が生じます。このような状態はOktaのサポート外です。

関連項目

Anything-as-a-Sourceを使用する