カスタム・ユーザー・タイプを作成する

最大9つのカスタム・ユーザー・タイプを作成できます。カスタム・ユーザー・タイプを作成するには、スーパー管理者または組織管理者の権限が必要です。ユーザー・タイプが作成されると、他の管理者はデフォルトのOktaユーザー・タイプを使用する場合と同様に、プロパティーとマッピングを追加できます。

Universal Directory、プロファイル・エディター、属性、カスタム属性、属性マッピングについて十分に理解している必要があります。

カスタム・ユーザー・タイプを作成するには、スーパー管理者または組織管理者の権限が必要です。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します[プロファイル・エディター]
  2. [Oktaユーザー・タイプを作成]をクリックします。
  3. [Oktaユーザー・タイプを作成]ダイアログ・ボックスで、以下のフィールドに入力します。
    • [表示名]:ユーザー・タイプの名前を入力します。たとえば、契約業者や学生などです。50文字の制限があります。
    • [変数名]:自動生成された値を受け入れるか、値を入力します。
  4. [保存]をクリックします。

新しいユーザー・タイプがプロファイル・エディターに表示されます。[プロファイル]をクリックしてプロファイル属性を編集します。

ユーザー・タイプ[表示名]を変更するには、[編集]をクリックし、新しい値を入力して[プロファイルを保存]をクリックします。変数名は変更できません。

ユーザー・タイプ属性とマッピングは、デフォルトのOktaユーザー・プロファイルと同じ方法で管理されます。