アプリまたは組織の割り当て解除のインポート・セーフガードを有効または無効にする

アプリ・レベルと組織レベルのセーフガードはデフォルトで有効になっており、20%に設定されています。インポート・セーフガードを有効にすると、インポートの続行を許可されている間、割り当てを解除できる組織内のアプリ・ユーザーの最大パーセンテージを定義します。

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > [アプリケーション]をクリックします。
  2. [検索]フィールドにアプリケーション名を入力します。
  3. アプリケーション名のリンクをクリックし、[プロビジョニング]タブをクリックします。
  4. [設定]リストから[Oktaへ]を選択します。
  5. [インポート・セーフガード]セクションまで下にスクロールして、[編集]をクリックします。
  6. 任意:[アプリの割り当て解除のセーフガード]ドロップダウンで、[無効]または[有効]を選択します。
  7. 任意:[組織全体の割り当て解除のセーフガード]ドロップダウンで、[無効]または[有効]を選択します。
  8. [保存]をクリックします。