Okta管理コンソールでユーザーのパスワードを期限切れにする

ユーザーのOktaパスワードを期限切れにするには、一時的なパスワードを割り当てます。ユーザーは次回サインインするときにパスワードを変更する必要があります。一時パスワードを生成した後、パスワード・リセット・リンクを作成することはできません。ユーザーを表示すると、「パスワード・リセット。ユーザーはワンタイム・パスワード・モードになりました」というメッセージが表示されます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [ユーザー]
  2. [ ユーザー& とユーザー名]列のユーザー名をクリックします。
  3. [パスワードをリセット]をクリックします。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • [パスワード・リセット用リンク]:このオプションを選択すると、パスワードのリセット・リンクがユーザーのプライマリおよびセカンダリ(該当する場合)メール・アドレスに送信されます。 パスワード・リセット用リンクは送信されてから1時間後に有効期限が切れます。

      Active Directory(AD)ソースのユーザーに対してこのオプションを選択すると、ADユーザーはリンクが選択されるまで既存のパスワードを引き続き使用できます。

    • [一時パスワード]:このオプションを選択すると、アカウントに一時パスワードが作成されます。選択すると、アカウントは期限切れとしてマークされます。一時パスワードが情報として表示されます。新しいパスワードはユーザーに安全に配布してください(電子メールやボイスメールなど)。ユーザーが次回Oktaにサインインするとき、一時パスワードを入力して新しいパスワードを作成する必要があります。[閉じる]をクリックして、[パスワードをリセット]ダイアログ・ボックスを終了します。

      ADアカウントで[パスワードを無期限にする]オプションが有効になっているADソースのユーザーに対してこのオプションを選択した場合、ユーザーは一時パスワードの入力後にパスワードの変更を求められません。[パスワードを無期限にする]オプションが有効になっていない場合、元のパスワードは使用できません。