Oktaのグループ・ソース・タイプ

次の表に、Oktaのグループ・ソース・タイプを示します。

グループ・ソース・タイプ 説明
ネイティブのOktaグループ

Oktaをアプリケーションやその他のリソースに接続する前に、Oktaの組織にグループを作成できます。デフォルトのグループEveryoneには、Okta組織のすべてのユーザーが含まれます。

Oktaグループを管理するには、Okta管理コンソールにサインインし、[ディレクトリー] > [グループ]をクリックします。

Active Directoryグループ

Active Directory(AD)はグループの最も一般的なソースです。規模の大きなほぼすべての企業は、ADインスタンスを使用してユーザーを管理しています。Okta AD Agentを使用して、ADインスタンスとOktaを統合できます。

Oktaは複数ドメインのメンバーを含むドメイン・ローカル・グループをサポートしていません。ドメイン間で双方向の信頼が確立されている場合、クロス・ドメイン・メンバーシップを持つユニバーサル・セキュリティ・グループがサポートされます。ユニバーサル・セキュリティ・グループは、フォレスト間のメンバーシップをサポートしません。

LDAPグループOkta LDAP Agentを使用して、LDAP準拠のWindowsおよびUNIXサーバーからグループをインポートできます。
アプリケーション・グループ

一部のアプリケーションには、Oktaにインポートできるグループがあります。これらのグループをインポートできるかどうかは、API経由でグループにアクセスできるかどうか、およびアプリケーションがOktaと統合されているかどうかによって異なります。以下は、グループのインポートをサポートするアプリケーションの一部です。

  • Box
  • Google Apps
  • Jira
  • Microsoft Office 365
  • Workday