プロビジョニングが有効なアプリからグループのインポートを有効にする

グループ・インポートはデフォルトで有効になっています。これらのインポートされたグループのメンバーシップは編集できません。

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [アプリケーション]
  2. プロビジョニングが有効なアプリケーションを選択します。
  3. [プロビジョニング]タブをクリックし、[設定] リストで[統合]を選択します。
  4. [編集]をクリックします。
  5. [グループをインポート]チェック・ボックスがデフォルトで有効になっていない場合はオンにします。
  6. [保存]をクリックします。

インポートが成功すると、Oktaは新規ユーザー、新規グループ、または既存のユーザー・プロファイルやグループ・メンバーシップへの変更をスキャンします。これらのいずれかが検出されると、Oktaは指定された管理者に、インポート中にスキャン、追加、更新、または削除されたユーザーとグループの数を示すメールを自動的に送信します。