ユーザー名の形式を上書きする

ユーザー名上書き機能は、以前に選択したOktaユーザー名形式またはアプリのユーザー名形式(アプリごとに異なる)を上書きします。ユーザー名の上書きを実装すると、以前に選択したユーザー名の形式が適用されなくなります。

ユーザー名の作成に関する推奨事項は次のとおりです。

  • インポートされた複数の属性を連結してOktaユーザー名を構築します。
  • 条件を使用して、異なる形式のユーザー名を作成します。例:
    • attribute1 = Aの場合、ユーザー名はacme.comで終わる必要があります。それ以外の場合、ユーザー名の末尾はacme-temp.comにする必要があります。
    • :john.doe@acme.comjohn.doe@acme-temp.com
    • これは、異なるタイプのユーザー(従業員と請負業者など)を区別するのに便利です。
  • さまざまなソースの属性からアプリのユーザー名を構築します。
  • 切り捨てによって最大長さを適用します。

ユーザー名の上書きを選択的属性プッシュとともに使用して、ユーザー・プロファイル情報が変更されるたびにアプリのユーザー名を継続的に更新することもできます。たとえば、ユーザーがメールのユーザー名でアプリに割り当てられ、そのメールがその後変更された場合、Oktaはアプリのユーザー名を新しいメールに自動的に更新できます。この機能拡張の前は、Oktaではユーザーのアプリ・ユーザー名を割り当て解除してアプリに再割り当てすることで、ユーザーのアプリ・ユーザー名をを手動で更新する必要がありました。この拡張機能はすべてのアプリに適用され、プロビジョニング機能を備えたアプリに限定されません。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [プロファイル・エディター]
  2. 任意:[フィルター] リストで [Okta][アプリ][ディレクトリー]または[IDプロバイダー]を選択し、アプリのリストをフィルタリングします。
  3. アプリ、ディレクトリー、またはIDプロバイダーの[マッピング]をクリックし、リストが表示された場合は、[ユーザー・マッピングを設定]を選択します。
  4. [アプリからOktaユーザーへ]タブを選択します。
  5. [マッピングを上書き]をクリックします。
  6. 属性を選択するか、式を入力してOktaユーザー名を作成します。
  7. [マッピングを保存][今すぐ更新を適用]をクリックします。