Okta Privileged Accessクライアントを登録する

Okta Privileged Access クライアントをインストールしたら、そのクライアントを既存のOkta Privileged Accessチームに登録する必要があります。登録したクライアントは、Okta Privileged Accessプラットフォームのクライアントインベントリに追加され、アクションの実行が許可されます。

クライアントは個別に登録できますが、より大きなクライアントグループであれば、登録プロセスを自動化するサイレント登録を利用することもできます。「Okta Privileged Accessクライアントをサイレント登録する」を参照してください。

はじめに

Okta Privileged Accessクライアントをインストールする

タスクの開始

  1. クライアントのコマンドプロンプトで次のコマンドを実行します:sft enroll
  2. ブラウザウィンドウで、クライアントの登録先となるチームを選択します。
    注:コマンドをヘッドレス環境で実行すると、URLが出力されます。ブラウザでURLを開きます。
  3. 登録するチームをクリックし、[承認]をクリックします。

成功すると、クライアントはチームに登録されます。