RDP Session Transcoderをインストールする

Okta Privileged Accessゲートウェイ経由のRDPセッションフローをキャプチャすると、ログファイルはユーザーにとってわかりにくいバイナリ.asa形式で保存されます。トランスコーダーを使用すると、このファイルを使いやすい.mkvビデオ形式に変換できます。トランスコーダーは、Okta Privileged Accessゲートウェイとは別にパッケージされており、以下のサポート対象プラットフォームにインストールする必要があります。

  • Ubuntu 22.04
  • Ubuntu 20.04
  • RHEL 8
  • RHEL 8および9

Ubuntu

Okta Privileged Accessゲートウェイをインストールするには

ステップ1~4は、一度しか実行する必要はありません。Okta Privileged Accessエージェントまたはゲートウェイをすでにインストールしている場合は、ステップ1~4をスキップできます。

  1. 次のOkta Privileged Accessリポジトリキーを追加します。curl -fsSL https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023 | gpg --dearmor | sudo tee /usr/share/keyrings/oktapam-2023-archive-keyring.gpg > /dev/null
  2. パッケージリソースのリスト項目を作成します。DISTRIBUTIONは、適切なディストリビューション名(xenial、jammy、bullseyeなど)に置き換えてください。次の表は、サポートされるプラットフォームのディストリビューション名を示しています。echo "deb [signed-by=/usr/share/keyrings/oktapam-2023-archive-keyring.gpg] https://dist.scaleft.com/repos/deb DISTRIBUTION okta" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/oktapam-stable.list

    プラットフォーム

    バージョン

    Ubuntu

    Ubuntu 16.04 xenial

    Ubuntu 18.04 bionic

    Ubuntu 20.04 focal

    Ubuntu 22.04 jammy

    Debian

    Debian 10 buster

    Debian 11 bullseye

  3. 利用可能なパッケージのリストを更新します。

    sudo apt-get update

  4. Okta Privileged Accessパッケージを検索します。

    sudo apt-cache search scaleft

  5. トランスコーダーをインストールします。

    sudo apt-get install scaleft-rdp-transcoder

RHEL 8

Okta Privileged Accessゲートウェイをインストールするには、次の手順を実行します。

ステップ2~4は、一度しか実行する必要はありません。Okta Privileged Accessエージェントまたはゲートウェイをすでにインストールしている場合は、ステップ2~4をスキップできます。

  1. 前提条件をインストールします。FFmpegやその他の依存パッケージはデフォルトのRed Hatリポジトリでは使用できないため、最初に次の2つのレポジトリを追加する必要があります。

    • sudo dnf install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm -y

    • sudo dnf install https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-8.noarch.rpm -y

  2. RPMキーを追加します。

    sudo rpm --import https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  3. アーティファクトにアクセスするために、/etc/yum.repos.d/oktapam-stable.repoファイルを作成します。PLATFORM-KEYはプラットフォーム名に置き換えてください。OSのメジャーバージョンを含める必要があります。たとえば、RHEL 8の場合は「8」です(マイナーバージョンは含めないでください)。

    [oktapam-stable] name=Okta PAM Stable - PLATFORM-KEY 8 baseurl=https://dist.scaleft.com/repos/rpm/stable/PLATFORM-KEY/8/$basearch gpgcheck=1 repo_gpgcheck=1 enabled=1 gpgkey=https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  4. dnf updateを実行し、新しいGPGキーを受け入れます。

    Importing GPG key 0xB8966AE8: Userid : "Okta PAM/ASA Packager (PAM/ASA Package Signing Key) <security+pam-packages-2023@okta.com>" Fingerprint: A3A9 03C2 9B5C AF75 34B9 F393 1983 7E37 B896 6AE8 From : https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

    404エラーが返されるときは、RHEL 8のバージョン番号としてメジャーバージョンのみが含まれていることを確認します。

  5. トランスコーダーをインストールします。

    sudo dnf install scaleft-rdp-transcoder

RHEL 9

Okta Privileged Accessゲートウェイをインストールするには、次の手順を実行します。

ステップ2~4は、一度しか実行する必要はありません。Okta Privileged Accessエージェントまたはゲートウェイをすでにインストールしている場合は、ステップ2~4をスキップできます。

  1. 前提条件をインストールします。FFmpegやその他の依存パッケージはデフォルトのRed Hatレポジトリでは使用できないため、最初に次の2つのレポジトリを追加する必要があります。

    • sudo dnf install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-9.noarch.rpm -y

    • sudo dnf install https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-9.noarch.rpm -y

    • sudo crb enable

  2. RPMキーを追加します。

    sudo rpm --import https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  3. アーティファクトにアクセスするために、/etc/yum.repos.d/oktapam-stable.repoファイルを作成します。PLATFORM-KEYはプラットフォーム名(rhel)に置き換えてください。RELEASE-VERSIONはOSの適切なメジャーバージョン番号に置き換えてください。たとえば、RHEL 9の場合は「9」です(マイナーバージョンは含めないでください)。

    [oktapam-stable] name=Okta PAM Stable - PLATFORM-KEY 9 baseurl=https://dist.scaleft.com/repos/rpm/stable/PLATFORM-KEY/9/$basearch gpgcheck=1 repo_gpgcheck=1 enabled=1 gpgkey=https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  4. dnf updateを実行し、新しいGPGキーを受け入れます。

    Importing GPG key 0xB8966AE8: Userid : "Okta PAM/ASA Packager (PAM/ASA Package Signing Key) <security+pam-packages-2023@okta.com>" Fingerprint: A3A9 03C2 9B5C AF75 34B9 F393 1983 7E37 B896 6AE8 From : https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

    404エラーが返されるときは、RHEL 9のバージョン番号としてメジャーバージョンのみが含まれていることを確認します。

  5. トランスコーダーをインストールします。

    sudo dnf install scaleft-rdp-transcoder

関連項目

セッションログを管理する

セッションの記録